• Yogalogとは
  • 使い方サポート
  • レッスン動画
  • システム・料金について
  • コース案内
  • 3カラム

フリーワード検索

Pickup Contents

Yogalog広場 メンバーの声、今週のランキングをご紹介しております。Yogalog の仲間と一緒にあなたもヨガを楽しみましょう!

ママヨガ特集♪ ママを笑顔に穏やかに・・・マタニティヨガや産後ヨガなど、ママに人気なヨガのご紹介です。

Yoga LIFE

メンバー登録はこちら!!

登録後、すぐに全てのレッスンを始められます。入会金、契約期間等はございませんので気軽に始められます。

メンバー登録をする

ご利用ガイド

Menbers Contents

丸ごとわかるヨガの基本 ヨガってなに? ヨガの歴史、期待できる効果などヨガの基本を簡単説明!

お友達に、ご家族に Yogalog チケットプレゼント 2ヶ月間トライアルチケットを無料でプレゼントできます!みんなで楽しくヨガしませんか?

最新情報をゲット!

HOME ≫ ヨガライフ ≫ ⑥ アーユルヴェーダとヨガの道

⑥ アーユルヴェーダとヨガの道

アーユルヴェーダとヨガの道

ヨガの最終目的は、モークシャ。日本語では解脱と訳されるが、シンプルに言うと真の自由を得ること。そのためにヨガの教えには、日常で守るべきことや気をつけることが定義されている。暴力をしないことやうそをつかない、貪らない、慎む、盗まない。清潔にすることや知足、自己鍛錬、経典の勉強、神への信仰。そして、皆さんの馴染み深いヨガのポーズ、アーサナ、呼吸法や瞑想などの方法が長い歴史の中受け継がれている。
 アーユルヴェーダ最古の古典『チャラカ・サンヒター』には、日々行うといいことがあげられている。健康を増進する方法として、ハーブの投与やオイルマッサージなど体に直接働きかけるものと同じように、サットブリッタ、こころに良い日々の行いが伝えられている。このサットブリッタは先にあげたヨガのヤマ・ニヤマと共通することがある。 アーユルヴェーダの学びの中で、ドーシャ理論やハーブの勉強をしながら、この行動のラサーヤナの話を聞き、更にアーユルヴェーダの魅力に引き込まれていったのを今でも覚えている。
ayurveda vol-6
サットブリッタ

- 常に正直であり、真実を語る
- 他人を傷つけず、思いやりをもって接する
- 優しい話しかたをする
- 過度な緊張や怒りから解放される
- 無理をせず、穏やかで平安である
- 心から尊敬すべき人を尊敬する
- 瞑想を実践する
- 年長者や高い知恵を持った人に仕える
- 清潔にする
- ものごとをシンプルにする
- 定期的に寄付をする(知識・食物なども含む)
- ヴェーダを勉強する

などが、上げられている。
 
アーユルヴェーダは「インドの」と特定された美容法や健康法と言ったイメージがあげられるが、実際は、生命根源の叡智が何千年もの時の中受け継がれてきている、生きとし生けるものにとって欠かせない叡智である。ヨガも「インドの」とか何やら難しいへんてこなポーズをするイメージや宗教的なイメージが今でもあるが、ヨガ道を歩んでいる人には理解されているように、また今のヨガが文化として健康法として定着しつつある中で、その深淵な叡智は私たちを根源へと導いてくれていることを実感してる方も多いだろう。
 人間は、この目に見える体と共に、内側で絶えず動いている心、そしてその奥に変らず存在している魂の3つで作られており、そのどれかが欠けても存在できないし、それらが調和してないと心や体に影響がでてくる。なのでヨガとアーユルヴェーダどちらの叡智も欠かせない。

ayurveda16 アーユルヴェーダの定義として、最古の古典である『チャラカ・サンヒター』にはこうある。 「アーユルヴェーダとは、有益な人生と無益な人生、幸福な人生と不幸な人生、人生にとって有益なことと無益なこと、人生の長さ、人生そのものが説かれるもののことをいう。」(チャラカ・サンヒター 総論 1章) また、アシュタンガ・フリダヤサンヒターにはこうある。 「生きとし生ける者すべての行為はすべての生きとし生ける者の幸福のために。」(アシュタンガ・フリダヤサンヒター 総論 第2章)

アーユルヴェーダはいわゆる人間の病の治療だけを目的としていない。我々が与えられた生をよろこびあふれ幸福で満たされて生きていくための叡智が余すことなく受け継がれている。 ヨガの道を歩みながらふと立ち止まる時、人生という道のりの中でふと立ち止まった時、道が見えなくなった時、アーユルヴェーダの叡智を取り入れてみたら。きっと自らの道が明るく照らされ、真の自由への道をよりスムーズに歩めると思う。

アーユルヴェーダとヨガは切っても切れない兄弟のような関係と最初のコラムに書いたが、あれから半年が経ちアーユルヴェーダとヨガの道を歩みながら、最近ではこの兄弟が双子なんじゃないかと感じている。表現の仕方に違いはあるけれどもどちらも出所同じ魂。どちらも欠かせない深淵な叡智である。
 
  これからもヨガやアーユルヴェーダの叡智が光となり、私たちを見守っていることを感じ、感謝し、日々の生活に活かして行きたいと思います。 そして、皆さんや皆さんの周り、生きとし生けるすべてを照らす叡智が変ることなくここにあること、すべてに存在することをこころにとめ、そのしあわせをわかちあって行きたいと思います。

毎回ヨガログのアーユルヴェーダコラムを楽しみしてくださりありがとうございます。どうぞこれからもヨガライフ、アーユルヴェーダライフ、そしてユアライフを楽しまれて下さい。

ayurveda17締めくくりに私にアーユルヴェーダの叡智を授からせて下さっているクリシュナ先生のことばを書かせて頂きます。
「アーユルヴェーダでは前向きに生きること、つまり心の持ち方を非常に大切にしています。すべての行いをしているときに、精神の状態がどうあるかということがとても重要だとアーユルヴェーダでは説いています。「清らかな精神」こそが真の健康確立に必要な要素だと。アーユルヴェーダの願いは、生命の幸せです。アーユルヴェーダに触れることで幸福な寿命を手に入れて頂きたいと思います。」
(『インドの生命科学 アーユルヴェーダに学ぶ、真の沖縄の健康づくり』クリシュナ・ウパディヤヤ・カリンジェ)

Momoyo’s Profile

Blog: http://ameblo.jp/malikaproject/     Twitter: こちらです   オンラインショップは こちらです

  • Back
  • Next