• Yogalogとは
  • 使い方サポート
  • レッスン動画
  • システム・料金について
  • コース案内
  • 3カラム

フリーワード検索

Pickup Contents

Yogalog広場 メンバーの声、今週のランキングをご紹介しております。Yogalog の仲間と一緒にあなたもヨガを楽しみましょう!

ママヨガ特集♪ ママを笑顔に穏やかに・・・マタニティヨガや産後ヨガなど、ママに人気なヨガのご紹介です。

Yoga LIFE

メンバー登録はこちら!!

登録後、すぐに全てのレッスンを始められます。入会金、契約期間等はございませんので気軽に始められます。

メンバー登録をする

ご利用ガイド

Menbers Contents

丸ごとわかるヨガの基本 ヨガってなに? ヨガの歴史、期待できる効果などヨガの基本を簡単説明!

お友達に、ご家族に Yogalog チケットプレゼント 2ヶ月間トライアルチケットを無料でプレゼントできます!みんなで楽しくヨガしませんか?

最新情報をゲット!

HOME ≫ ヨガライフ ≫ ピラティスを深めよう!~呼吸編~

ピラティスを深めよう!~呼吸編~

呼吸のポイント

①鼻から吸い、口から吐きます。
 Q 口を開いて「はー」とすぼめて「ふー」では、どちらが正しいの?
 A どちらも○です。やりやすい方で行ってください。

②吸う時に胸を広げ、吐く時に閉じます。
   <吸う> 胸→広げる、お腹→膨らまさない
   <吐く> 胸→閉じる、お腹→膨らまさない

 Q 胸を閉じると、お腹が膨らんでしまいます。どうして?
 A お腹を締める力が、胸を閉じる力に負けてしまっているからです。
   力の加減を研究してみて下さい。

③肩が上がったり、胸を反らせたりしないよう気を付けます。
   
 Q 胸を反らせた方がたくさん吸えるのに、なぜ横に広げるの?
 A アラインメント(背骨のライン)が崩れてしまうからです。
   理想の姿勢を保つために、横方向に広げましょう。

 Q 胸だけを膨らませることが難しいです。コツは?
 A 何も考えず、一度思いっきり吸ってみましょう。
   その後に、少しずつできるところから修正をかけていきます。
   初めから正しくできなくても、大丈夫です。
 A 肋骨の間の筋肉(肋間筋)は、練習するとだんだんと柔軟になります。
   あばら骨の間を触ってみて下さい。

仕組み
 吸う=肺が膨らむ 吐く=肺が縮む 
 ですが、肺は自分で伸び縮みできません。
 図は、上の箱を胸・下の箱をお腹に見立てています。
    <上の箱>底面が、横隔膜。肋骨が肺を覆っています。
         ※実際の横隔膜は、緩んだ状態では上に上がります「∩」
    <下の箱>深層には、腹横筋が前と側面にあります。
     
 (左)お腹・胸を閉じた状態。
 (中)お腹を変えず、胸の空間を広げると肺に空気が入ります(胸式呼吸)。
 (右)お腹を前に出し、横隔膜を下げる
   (下に空間を広げる)と肺に空気が入ります(腹式呼吸)。

 この箱は、内臓などでみっちり満たされています。
 特に下の箱は、後ろの面が背骨・底面が骨盤で支えられているだけですので、
 前に押し出されないようにキープするためには、
 筋肉で支える必要があります。

  • Back
  • Next