• Yogalogとは
  • 使い方サポート
  • レッスン動画
  • システム・料金について
  • コース案内
  • 3カラム

フリーワード検索

Pickup Contents

Yogalog広場 メンバーの声、今週のランキングをご紹介しております。Yogalog の仲間と一緒にあなたもヨガを楽しみましょう!

ママヨガ特集♪ ママを笑顔に穏やかに・・・マタニティヨガや産後ヨガなど、ママに人気なヨガのご紹介です。

Yoga LIFE

メンバー登録はこちら!!

登録後、すぐに全てのレッスンを始められます。入会金、契約期間等はございませんので気軽に始められます。

メンバー登録をする

ご利用ガイド

Menbers Contents

丸ごとわかるヨガの基本 ヨガってなに? ヨガの歴史、期待できる効果などヨガの基本を簡単説明!

お友達に、ご家族に Yogalog チケットプレゼント 2ヶ月間トライアルチケットを無料でプレゼントできます!みんなで楽しくヨガしませんか?

最新情報をゲット!

HOME ≫ ヨガライフ ≫ ①がんサバイバーのためのヨガってなに?

①がんサバイバーのためのヨガってなに?

身近なところでも有名人などのニュースでも、がんという病気について耳にする機会は多くあります。それもそのはず、現代人の2人に1人がかかるというあまりうれしくない統計も出ているほど、身近な病気です。

それほど身近な病気なのに、風邪やインフルエンザとはすこし印象が異なって、すごく重大なことやこわいこと、危ないこととして受け止められがちです。そのためがんの告知を受けると、当事者本人もそのまわりの家族や友人、パートナーにも大きな衝撃をもたらします。

それはなぜでしょう?
風邪やインフルエンザなど「普通の」病気とはなにが異なるのでしょう?

いくつかのポイントが考えられますが、
・いのちに関わる病気である
・治療が大変(副作用などの面も、経済的にも)
という2点が特に、がんがもたらす特徴的な印象に挙げられます。
この2点によって、なんだか「大変」で「こわいこと」のように感じてしまうのでしょう。

ヨガの叡智に助けられた

このような印象の病気に実際に直面したとき、大きな衝撃とともに治療や通院など大きな出来事が展開し始めます。自分自身が告知を受けたとしても、身近な誰かがかかったとしても。どのような立場であっても、それぞれの立場での「大変なこと」が始まります。

そのようなときだからこそ…ヨガの叡智を活かすことによって、本人にもまわりにも有効なことがたくさんたくさんあります。
それを提案しているのが、がんサバイバーのためのヨガ。

「このポーズをするとこれが治るよ!」とか「この食事が効くよ!」とか、
そういう話では決してありません。
そうではなくて。

アーユルヴェーダ2不安なときに気持ちを落ち着ける方法があれば、余計な不安を軽減できたり、それによって不眠が解消したり、治療へむかうことだってできます。
治療中に横になる機会が多いと、腰痛や肩こりに悩むこともあります。そのときに、どんな動きをどの程度ならやれるという身体の動かし方を知っていると、身体が楽になることもあるでしょう。
ヨガのアーサナや呼吸法を具体的に活かせる場面です。

また、「病気だから安静にしなければならない」と過剰に過保護にすることも、「病気なんかに負けてはいられない。本当はもっと頑張れるわ」とキャパシティを超えた頑張りすぎも要りません。
そうなりがちなときに、心や身体の状態を観る、バランスをとるというヨガの思想が具体的に使えます。それによって、治療や生活に中庸な気持ちで向き合ってゆけます。

このように、ヨガの本質的な叡智を現実に活かして、
がんという病気そのものや治療や生活…に健やかに取り組めたらいいよねと思っています。
それは、実際にわたし自身がそうだったから。がんとわかったとき、治療を始めたとき、副作用が出たとき…ヨガの叡智に助けられたことがたくさんありました。

では、なぜがんのときにヨガが良いのでしょう?他のエクササイズのとの違いはなんだろう?
そういうお話を次回以降につづってまいります。


~第2回「ヨガの有用性ーその1」に続く~
http://www.yogalog.jp/life/?id=1505445802-048438

この記事に関係するレッスン

がんサバイバーヨガのレッスン一覧はこちら
http://www.yogalog.jp/movie/?m=2&ca=193

動画「がんとヨガコラム ~interview~」はこちら
http://www.yogalog.jp/life/?id=1515998893-467227

  • Back
  • Next